SEOの書籍がタダで読めるAudible30日間お試しはこちら

SEO検定一級の間違いやすい問題【2024年最新】過去問まとめ

プロモーションが含まれる場合があります
間違えやすい問題
  • URLをコピーしました!

明日SEO検定の試験です。自信がないです…1点でも多くとりたいです。

初めて受けるSEO検定試験。とても緊張しますよね。

でも、緊張すると100%の実力が出せません。そのため、リラックスして受験することが大切です。

そんなときは、過去問対策をすることがオススメです。回答がすぐにわかれば、心に余裕が生まれます。

そこでこの記事は、「間違いやすいと感じた過去問」をまとめております。

この記事を読んでいただくことで、心に余裕が生まれ、一発合格できる可能性が高くなります。

2024年7月1日の情報です。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
体験者:やたろう
  • SEO検定1級に一発合格
  • 2020年3月からAudible
  • 東証スタンダードの社員
SEO検定1級
SEO検定1級
2023年テキストにて勉強しております。
2023年テキストにて勉強しております。
Amazomオーディブル
Audible:2022年3月から利用中
登場人物
登場人物
記事でわかること(もくじ)

間違えやすい問題まとめ【過去問】

間違いやすい問題まとめ
間違いやすい問題まとめ

わたしは、2021年8月にSEO検定受験し、一発で合格しました。

そのとき間違った問題や、間違いやすいと感じた過去問を以下にピックアップしてます。

1点でも多くとりたい方に。試験前の参考にどうぞ。

サムネイルの特徴

SEO検定一級の試験・過去問で、サムネイルの特徴が出題されました。

WebページやSNSなどで、記事・動画・商品などのコンテンツを表示する場合、その先頭に小さな画像が表示されることがあります。

これがサムネイルです。

サムネイルは、コンテンツの内容や雰囲気を事前にイメージできるので、そのコンテンツが自分の求めているものか判断する上で、重要な役割を担っています。

CGCの特徴

SEO検定一級の試験・過去問で、CGCの特徴について出題されました。

CGC(Consumer Generated Content)とは、消費者が主体となって作成されたコンテンツです。

例えば、ヤフー知恵袋が例です。一般消費者が自由に作成・公開した写真、動画、レビュー、SNS投稿などが含まれます。

一方で、CGCには偽情報や悪質な投稿が含まれることがあるため、企業はその取り扱いに注意が必要です。

また、個人情報保護や著作権などの法的な問題にも配慮する必要があります。

CGCは、過去問にも掲載されていた問題なので、しっかり抑えておきましょう。

モバイルユーザーの接触方法

SEO検定一級の試験・過去問で、モバイルユーザーの接触方法が出題されました。

スマートフォンの利用者が急増していることで、SEOはスマホファーストとなりました。

スマホファーストとは、ウェブサイトやウェブアプリケーションを設計する際に、スマートフォンの画面サイズや操作性を優先することを指します。

SEO検定1級では、モバイルユーザーの集客方法が出題されます。

SEOで上位表示するための文字数

SEO検定一級の試験・過去問で、「SEOで上位表示するための文字数」が出題されました。

SEOにおいて、コンテンツの文字数が上位表示に影響を与える、という考えがあります。

一般的には、ある程度の文字数を持つコンテンツの方が、検索エンジンにとってもユーザーにとっても、信頼性や情報量の豊富さを示すことができるため、上位表示につながる傾向があります。

SEO検定一級では、業種別に「SEOで上位表示するための文字数」を学ぶことができます。

コンテンツの人気度

SEO検定一級の試験・過去問で、「コンテンツの人気度」に関する問題が出題されました。

コンテンツの人気度とは、いわゆる「記事の品質」のことで、2つの指標でGoogleから評価されます。

  • 検索結果上のクリック率
  • サイト滞在時間

医療アップデートの特徴

SEO検定一級の試験・過去問で、医療アップデートの特徴が出題されました。

スクロールできます
アップデート特徴
パンダアップデート2011年低品質のコンテンツを排除するためのアルゴリズム
ペンギンアップデート2012年スパム的なリンク行為を排除するためのアルゴリズム
ハミングバードアップデート2013年クエリの意図を理解し、より自然言語処理に優れた検索結果を提供するアルゴリズム
ピジョンアップデート2014年地域検索の精度を向上するアルゴリズム
モバイルフレンドリー アップデート2015年モバイルフレンドリーなサイトを優先的に表示するアルゴリズム
ランクブレインアップデート2015年AIを用いて検索クエリに適した検索結果を提供するアルゴリズム
医療アップデート2017年医療関連の情報の信頼性や正確性を重視し、信頼性の低い医療情報を排除するアルゴリズム
フレッシュネスアップデート2019年新しい情報や更新されたコンテンツを優先するアルゴリズム
ブロードコアアップデート2019年全体的なランキングシステムのアップデート
バートアップデート2019年自然言語処理技術を改善するためのアップデート
過去のアップデート(Google)

Googleは、過去に複数アップデートを行っております。

SEO検定1級は、過去に実施された「アップデート問題」が多く出題されます。

その中でも、医療アップデートは、過去問、試験当日も出題されてました。

AMPの特徴

SEO検定一級の試験・過去問で、AMPの特徴が出題されました。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、Googleが推奨するウェブページの高速化プロジェクトです。

AMPページは、AMP HTMLと呼ばれる独自のHTMLバージョンを使用し、AMPコンポーネントと呼ばれるJavaScriptライブラリを使用して、高速で応答性の高いページを提供します。

これにより、AMPページは、通常のHTMLページよりもはるかに高速に読み込まれ、モバイルデバイスのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

ランクブレインについて

SEO検定一級の試験・過去問で、ランクブレインについて出題されました。

Googleランクブレインとは、Googleが2015年に導入した人工知能(AI)アルゴリズムの一種です。検索クエリを理解し、そのクエリに最も適した検索結果を提供します。

つまり、自己学習を行います。

また、過去の検索結果を分析し、それらの結果に基づいて、新しい検索クエリに対する最適な検索結果を予測します。

ランクブレインの登場により、検索エンジン最適化(SEO)においては、キーワードのみに頼った最適化ではなく、コンテンツの質やユーザーエクスペリエンスの向上など、より総合的な最適化が求められるようになっています。

ドメイン構造

SEO検定一級の試験・過去問で、「ドメイン構造」が出題されました。

ドメインとは、インターネット上でのウェブサイトやメールアドレスを識別するための名称です。アルファベットや数字、ハイフンなどで構成されています。

ドメイン取得後は、ドメインとプロコトルは変更できません

プロコトルとドメインとホストの違いを理解することで、合格に近づきます。

キーワード近接度

SEO検定一級の試験・過去問で、「キーワードの近接度」について出題されました。

SEOにおけるキーワードの近接度とは、特定のキーワードが、同じ文内や同じ文章内でどの程度近くに出現しているかを示す指標、です。

キーワードの近接度が高いと、そのキーワードに関連する情報が多く含まれていると、クローラーから判断されます。検索エンジンにとってもそのページの内容が分かりやすく、利用者にとっても理解しやすいページであると認識されます。

SEO検定一級では、キーワードの近接度に関する問題が出題されます。「近接を使い、検索順位をあげる方法」を理解しておきましょう。

nofollow、sponsored、noindexの違い

SEO検定一級の試験・過去問で、「nofollow、sponsored、noindexの違い」が出題されました。

各要素が果たす役割について、しっかり理解しておきましょう。

以下に「nofollow」「sponsored」「noindex」の違いを表にまとめます。

要素名説明
nofollowリンクのクローラーへの追跡を防ぐための属性。リンク先のページの検索エンジンへの影響を軽減するために使われる。
sponsored広告やスポンサーリンクであることを示すための属性。Googleなどの検索エンジンは、スポンサーリンクがある場合には、検索結果にその旨を表示する。
noindex検索エンジンのクローラーが、そのページをインデックス化しないよう指定するための属性。この属性を設定すると、そのページが検索結果に表示されなくなる。
「nofollow」「sponsored」「noindex」の違い

地域性の高いキーワードを見分ける方法

SEO検定一級の試験・過去問で、「地域性の高いキーワードを見分ける方法」が出題されました。

Googleは、2012年に「ヴェニスアップデート(Venice Update)」を実施しました。これにより、検索結果の地域性をより強く反映させるようになり、ローカル検索の精度が向上しました。

ベニスアップデートにより、地域性の高いキーワードが重要になりました。

SEO検定一級では、地域性キーワードについて出題されます。

どんなキーワードが地域性が高いか、低いか、判断する方法を把握しておきましょう。

高いか低いか、見分けるコツは、検索キーワードのあとに「の場所は?」をつけること。

「氷を溶かす(の場所は?)」→意味は通じない

「美味しい焼肉(の場所は?)」→意味が通じるので地域性キーワード

過去問を確認すれば、合格率が高くなる【まとめ】

まとめ
まとめ

まとめです。

SEO検定一級は、間違いやすい問題を事前に知ることで、心に余裕が生まれて合格率が高あがります。

年度1級2級3級4級全級平均
2023年64%69%70%69%68%
2022年65%68%71%72%69%
2021年70%63%68%81%70%
2020年77%87%77%89%81%
2019年81%84%78%86%82%
2018年89%84%73%79%79%
2017年87%86%91%89%89%
SEO検定の合格率

SEO検定一級は、年々合格率が下がってます

チャットGPTなどのAI検索によって、SEOの常識も変わりつつあります。今後、合格率が30%台になることも推測できます。

そのため、早めにSEO検定の取得をおすすめします。

SEO検定は、更新がないので、一度取得すれば一生モノです。

自宅でしっかり学べるWEBの資格【SEO検定】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事でわかること(もくじ)