過去問まとめ:SEO検定1級で間違いやすい問題【試験】

間違えやすい問題
  • URLをコピーしました!

週末、SEO検定の試験だけど自信がないです…1点でも多くとりたいです。

SEO検定、できれば一発合格したいですよね。

わたしは、緊張しやすい体質なので、いざというとき100%パフォーマンスを出せません。

キャベツ太郎

緊張すると、本来の力が発揮できないです。

でももし、間違いやすい問題を事前に把握できたとしたら、1点多く点数をとれるかもしれません。

この記事では、緊張しても試験に受かるよう、間違いやすいと感じた問題をまとめました。

この記事を読めば、一発合格できる可能性が高くなるでしょう。

登場人物
この記事を書いている人

2022年12月2日の情報です。

この記事でわかること(目次)

間違えやすい問題まとめ【公式問題集・過去問】

間違いやすい問題まとめ
間違いやすい問題まとめ

わたしは、2021年8月にSEO検定受験し、一発で合格しました。

経験の中で、試験、練習問題で間違った問題をピックアップしてます。

1点でも多くとりたい方に、試験前の参考にどうぞ。

サムネイルの特徴

サムネイルに関する問題は、過去に多く出題されております。

サムネイルは、役割を理解することで、短時間で回答ができますススメします。

CGCの特徴

CGCとはConsumer Generated Contentの略で、ユーザーが生成していくタイプのウェブサイトを示します。

たとえば、2チャンネルです。ユーザーの投稿によってサイトが育ちます。

CGCは、過去問にも掲載されていた問題なので、しっかり抑えておきましょう。

過去問にも掲載されていたので、特徴は抑えておきましょう。

モバイルユーザーの接触方法

スマホファースト(SEO評価がモバイル優先)時代となり、ますますモバイル化が進みます。

SEO検定1級では、モバイルユーザーの集客方法が出題されます。

SEOで上位表示するための文字数

業界、業種によって、SEOに有利になる文字数は異ります。

SEOで上がりやすい文字数を暗記しましょう。

これからWebライティングを学びたい人にも参考になります。

コンテンツの人気度

コンテンツの人気度は、2つの指標から評価されます。

  • 検索結果上のクリック率
  • サイト滞在時間

SEO検定1級の過去問、試験でも出題されてました。ポイントを押さえましょう。

医療アップデートの特徴

SEO検定1級は、過去に実施された「アップデート問題」が多く出題されます。

医療アップデートは、過去問、試験当日も出題されてました。

AMPの特徴

WebサイトをAMP(Accelerated Mobile Pages)対応することで、SEOで有利に働くことがあります。

Googleの検索結果に、カルーセルで表示されることで、視認性が高まり、クリック率が高くなります。

結果、SEOで有利になる、というロジックです。

ランクブレインについて

Google検索は「ピンポイントで課題を解決してくれる」と感じませんか?

これはランクブレインという人工知能です。

ランクブレインについての問題も、出題されてました。

ドメイン構造

ドメイン取得後は、ドメインとプロコトルは変更できません。

プロコトルとドメインとホストの違いを理解することで、1発合格に近づきます。

キーワード近接度

検索順位で、上位表示したなら、文章の近接度を見直すことをオススメします。

nofollowとnoindexの違い

nofollowとnoindexの違いを理解することで、1点多く点数を獲得できます。

上記2点は、そもそもの役割が違います。違いを把握しておけば、1点多くとれるでしょう。

地域性の高いキーワードを見分ける方法

地域性キーワードを見分けるコツは、検索キーワードのあとに「の場所は?」をつけてみること。

「氷を溶かす(の場所は?)」→意味は通じない

「美味しい焼肉(の場所は?)」→意味が通じるので地域性キーワード

まとめ【試験前にチェック!間違いやすい問題】

まとめ
まとめ

まとめです。

今回は、SEO検定で間違いやすい問題をまとめました。

もし「緊張で試験に落ちた」場合、お金と労力が発生します。

  • 追試料金は8,800円(込)
  • 交通費
  • 勉強時間

絶対に一発合格した人は、以下記事を参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)