SEO検定1級:ドメイン構造とは?wwwを詳しく解説【過去問】

wwwを詳しく解説
  • URLをコピーしました!
質問

SEO検定1級で、過去問や間違えやすい問題を教えて下さい。

試験の前夜は、いくら勉強をしても、物足りないと感じるものです。

そこでこの記事は、私の実体験から、間違いやすいと感じた問題をピックアップします。

今回は「ドメイン構造」について解説します。

この記事を読めば、試験1点多くとれるでしょう。

登場人物
この記事を書いている人

2022年12月2日の情報です。

この記事でわかること(目次)

家の住所【ドメインってなに?構造を理解】

ドメインとは、家で例えると住所です。

東京都品川区1丁目=「https://www.seo-study.jp/」

住所がないと、家は建てられないのと同じで、Webサイトも作成できません。

なので、ワードプレスでブログを始めるなら、ドメインは必須になります。

ドメインの作り方【SEO検定 過去問題】

ドメインの作り方は、ドメイ会社で申し込むことで、作成できます。

ドメイン会社は、区役所のようなものです。

有名なドメイン会社は、GMOインターネット株式会社の「お名前.com」です。

キャベツ太郎

1ドメイン1円~作成できます。

注意点は、ドメインを作成したら、後から変更することはできないこと

家の住所も、家を建てたから変更できないです。

ドメイン所有者が自由に決められること【過去問】

SEO検定では、ドメインについて、出題されております。

「ドメイン所有者が、ドメイン購入後に自由に決められること」が問われました。

自由に決められることなので、「あってもなくても、どちらでも良い」と言い換えられます。

ドメイン構造
ドメイン構造

画像は、ドメインを、分解した図です。

ドメインは「seo-study.jp」ですが、ドメイン取得後は変更することができません。

キャベツ太郎

品川の住所を、アメリカに変更するようなものですね

プロコトルも同様に、変更できないルールになっています。

つまり、「ドメイン所有者が、ドメイン購入後に自由に決められること」は「www ホスト名」です。

「www」の部分は、あってもなくても問題なし

当サイトを例にみてみましょう。

  • https://seo-study.jp/(wwwなし)
  • https://www.seo-study.jp/(wwwあり)

どちらのURLでも、サイトが表示されること、確認できます

wwwとは World Wide Webの略【ドメイン構造を理解】

wwwとは「World Wide Web」の頭文字をとったものです。

Webの生みの親、イギリス人のティム・バーナーズ=リー博士が、wwwを発明しました。

リー博士が、wwwを使ってインターネットに公開されているwebページをリンクさせて、表示したのが始まりです。

今は、wwwがなくても機能しますし、SEOへの影響もないので、一般人には「どうでもいいルール」になってます。

キャベツ太郎

昔に作られたルールの名残なのですね…

wwwの歴史を知りたいなら、以下のサイトがおすすめです。

意外と知らないWebの歴史

まとめ【ドメイン構造を理解!wwwを詳しく解説】

まとめ
まとめ

まとめです。

今回は、ドメイン構造を理解、というテーマでお伝えしました。

SEO検定では、ドメインに関する問題が出題されてました。

「ドメイン所有者が、ドメイン購入後に自由に決められること」は「www ホスト名」が正解です。

「www」の部分は、あってもなくても問題なし!

wwwは昔のルールの名残です。

今は、wwwがなくてもリンクとして機能しますし、SEOへの影響もないので、一般人には「どうでもいいルール」になってます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)