SEOの書籍がタダで読めるAudible30日間お試しはこちら

ドメイン構造とは?wwwをわかりやすく解説【SEO検定1級】過去問

プロモーションが含まれる場合があります
wwwを詳しく解説
  • URLをコピーしました!
質問

SEO検定1級で、過去問や間違えやすい問題を教えて下さい。

試験前の夜は、いくら勉強しても物足りなく感じるものです。

初めてSEO検定を受験するなら尚更です。

そこで、この記事では私の実体験から、よく間違える問題について、紹介します。

今回は「ドメイン構造」について解説します。

この記事を読めば、試験で1点多く得られるでしょう。

2024年2月1日の情報です。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
体験者:やたろう
  • SEO検定1級に一発合格
  • 2020年3月からAudible
  • 東証スタンダードの社員
SEO検定1級
SEO検定1級
2023年テキストにて勉強しております。
2023年テキストにて勉強しております。
Amazomオーディブル
Audible:2022年3月から利用中
登場人物
登場人物
seo-study-CTAlogo

\10日で取得できました/

更新不要。一度取得すれば一生モノです。

SEO検定一級:合格までのプラン
よくある質問(クリック)
SEO検定1級の勉強時間は?

10日間で取得できました。通勤や、お昼休みにテキスト、過去問を網羅すれば、誰でも取得できます。

資格の取得にかかる費用は?

2万円ほどです。テキスト、過去問、試験料金が発生します。

仕事に役立つの?

Web業界なら、役立ちます。なぜなら、Web業界の人で「SEO」という単語を知らない人がいないからです。

SEO検定取得で、苦労したこと

会社命令だったので、10日間で取得しました。暗記が多く辛かったです。余裕をもって「1か月」で取得すべきです。

SEO検定取得して、良かったこと

Webや初対面の人に、権威性を出せること。何もしなくても信頼してもらえる。

試験会場、どんな感じ?

雑居ビルで試験がありました(新橋会場)。試験官が、おじいちゃんばかりだったので、リラックスした雰囲気でした。

サポートある?

はい、メール、電話でも、丁寧に対応してくれます。

この記事でわかること(目次)

ドメインってなに?

ドメインとは?
ドメインとは?

ドメインとは、インターネット上でのウェブサイトやメールアドレスを識別するための一意の名称です

ドメイン名は、人が覚えやすい文字列で、通常はアルファベットや数字、ハイフンなどで構成されています。

ドメインは、家で例えると住所です。

東京都品川区1丁目=「https://www.seo-study.jp/」

Webサイトを作るにあたって、住所が必要なように、ドメインはWebサイトを作成する上で欠かせない要素です。ワードプレスでブログを始める場合も、必ずドメインが必要になります。

ドメインの作り方【SEO検定 過去問題】

ドメインの作り方
ドメインの作り方

ドメインの作り方については以下の通りです。

STEP
ドメイン名を考える

まずは自分のWebサイトの名前を考え、それをドメイン名にします。例えば、会社のWebサイトであれば会社名を、個人のブログであれば名前やテーマに合わせた名前を選びます。

STEP
ドメインを取得する

ドメインを取得するには、ドメイン登録サイトで自分が使いたいドメイン名が利用可能かどうかを確認し、利用可能な場合はそのサイトで登録手続きを行います。有料と無料の両方のドメインがありますが、一般的には有料のものを利用することが多いです。

STEP
ドメインを設定する

ドメインを取得したら、ドメインを設定する必要があります。ドメインを設定することで、自分が取得したドメイン名を使ってWebサイトにアクセスできるようになります。ドメインの設定には、DNS(Domain Name System)を使います。

STEP
Webサイトを作成する

ドメインを取得して設定が完了したら、自分のWebサイトを作成することができます。Webサイトを作成する方法は多岐にわたりますが、代表的なものとしては、ワードプレスなどのCMSを使ってサイトを作成する方法や、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を使って自分でサイトを作成する方法があります。

STEP
Webサイトを公開する

Webサイトが完成したら、Webサイトを公開する必要があります。Webサイトを公開するには、Webサイトをホスティングするサーバーを用意し、Webサイトのデータをアップロードする必要があります。また、ドメインを設定することで、自分が取得したドメイン名でWebサイトにアクセスできるようになります。

やたろう

1ドメイン1円~作成できます。

ドメインを作る際の注意点は、後からドメイン名は変更できないこと。家の住所も、あとから変更できないように、ドメイン名も変更できません。

ドメイン所有者が自由に決められること【過去問】

要素役割
wwwウェブサイトのサブドメインを指定する
seo-studyウェブサイトのドメイン名を指定する
.jpウェブサイトのトップレベルドメインを指定する
https://ウェブサイトへのセキュアな接続を確立するためのプロトコルを指定する
ドメインの各役割

ドメインは、URLの一部であり、ウェブサイトにアクセスするために必要不可欠です。

ドメインには、様々な要素が含まれています。以下の表に、ドメインを分解して各要素の役割をまとめました。

これらの要素が組み合わさって、完全なドメイン名が形成されます。

ドメイン構造
ドメイン構造
やたろう

SEO検定では、ドメインについて出題されます。

「ドメイン所有者が自由に決められること」について問われます。

画像は、ドメインを分解した図。ドメイン取得後、自由に変更できるのは「www」です。

当サイトを例にみてみましょう。

  • https://seo-study.jp/(wwwなし)
  • https://www.seo-study.jp/(wwwあり)

どちらのURLでも、サイトが表示されること、確認できます

wwwとは?World Wide Web

World Wide Web
World Wide Web

「www」とは、「World Wide Web」(ワールドワイドウェブ)の略称です。

Webの生みの親であるイギリス人のティム・バーナーズ=リー博士が、wwwを発明しました。

「www」は、インターネット上でWebサイトにアクセスするための標準的なプレフィックスの一つです。

Webサイトにアクセスする際には、一般的には「www.example.com」といったように、ドメイン名の前に「www」をつけることが一般的です。しかし、現在ではドメイン名だけでもアクセスできる場合が多く、wwwがなくても機能します。

SEOへの影響もないため「どっちでもよいルール」となっています。

やたろう

昔に作られたルールの名残ですね…

意外と知らないWebの歴史

ドメイン購入後に決められることはホスト名【まとめ】

まとめ
まとめ

まとめです。

SEO検定では、ドメインに関する問題が出題されてました。

「ドメイン所有者が、ドメイン購入後に自由に決められること」は「www ホスト名」が正解です。

「www」の部分は、あってもなくても問題なし!

wwwは昔のルールの名残です。

今は、wwwがなくてもリンクとして機能しますし、SEOへの影響ございません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)