SEO検定1級:検索順位に影響するキーワード近接度とは?【過去問・問題集】

キーワード近接度

こんなお悩みありませんか?

  • 試験で間違った問題教えてよ!
  • 試験を控えてるけど、自信がない、、、
  • キーワード近接度について知りたい

SEO検定の試験、いくら勉強しても不安ですよね。

わたしも、試験当日まで過去問をみて、完璧と思えるまで勉強しましたが、結果は10問も間違えてました。

もし、的確なアドバイスがあれば、高得点がとれたでしょう。

筆者

でも、SEO検定1級のアドバイスしてくれる人なんて、いねえっす…

そこで、この記事では、私の実体験から、間違いやすいと感じた問題をお伝えし、力になれればと考えております。

今回は「キーワードの近接」について解説します。

この記事を読めば、知識が深まり、SEO検定1級を一発合格できる可能性が高くなるでしょう。

この記事を書いている人
登場人物
この記事でわかること(目次)

キーワードの近接度とは?【検索順位で1位を狙う】

近接度が高い例:人民の、人民による、人民のための政治です。

キーワードの近接度とは、ページ内にある文章に、目標キーワードが近くに書かれている割合を指します。

「狙ったキーワードを沢山配置しろ」と指示をする上司、いませんでしたか??

筆者

間違いではないのですが、「狙ったキーワードをバランス良く配置しろ」が正しいです。

近接度が高すぎると、Googleからペナルティ食らいます。しかし、狙ったキーワードが少ないと、検索順位が上がりません。

Google「目標キーワードはほどほどに入れましょう

詳細は、Googleのコンテンツに関するガイドラインに明記されております。

水平/垂直を使いこなす【キーワード近接度の最適化】

近接には2パターンあります。

  • 水平近接
  • 垂直近接

順番に解説します。

水平近接

水平近接とは、目標キーワードが1つの行に複数かかれている状態です。

ドラゴンボールのヤムチャについて(チャオズが目標キーワード)
ヤムチャよりもチャオズが好きです。チャオズは戦闘力が高く、チャオズは超能力も使えるから、チャオズは強いので大好きです。


チャオズが、1行(水平)に4つも入ってます。

これが、目標キーワードを過剰に詰めすぎている状態です。

続いてSEO的に「良し」とされる文章に修正します。

ドラゴンボールのヤムチャについて
ヤムチャよりもチャオズが好きです。なぜなら、戦闘力が高く、超能力も使えて強いからです。

もし、ブログでSEO順位が上がらない場合、キーワードの近接が起きてないか、見直すことをオススメします。

垂直近接

垂直近接とは、目標キーワードが縦の行に連続して複数回書かれていて、お互いが近くに接していることです。

こちらも具体例を見てみましょう。

ドラゴンボールのサイバイマンについて(目標キーワードをサイバイマンとした場合)
私はチャオズよりもサイバイマンが好きです。なぜなら戦闘力が高く、チャオズよりも強いからです。
サイバイマンのフィギュアも売ってます。
Amazonのページからサイバイマンフィギュアのお申込ができます。
最短で1日でサイバイマンのフィギュアが手に入ります。

近接では、「1行に複数の目標キーワード」が入っておりました。

垂直では、1列に目標キーワードが入っている状態を指します。

これも近接同様、SEO的に良しとされる文章に修正します。

ドラゴンボールのサイバイマンついて
 私はチャオズよりもサイバイマンが好きです。なぜなら戦闘力が高く、作中でもっとも強いからです。
フィギュアも売ってます。Amazonのページからお申込ができます。
最短で1日でサイバイマンのフィギュアが手に入ります。 映画も早く観たい!

垂直(列)に、目標キーワードがなくても意味が通じるなら、削除しましょう。

SEO検定1級でのポイント【過去問・問題集】

SEO検定では、水平、垂直の「意味」が問われるケースがあります。

  • 水平、垂直近接の意味
  • 正しくSEO対策するにはどう修正すべきか

上記2点を言語化しておくと、1点多く獲得できるでしょう。

正しい「水平、垂直」配置のポイントは、過剰に目標キーワードを詰めすぎないこと。水平、垂直であっても「自然な配置」であれば、Googleから逆に評価されます。

まとめ【検索順位に影響するキーワード近接度とは?】

まとめです。

今回は、検索順位に影響するキーワード近接度とは?というテーマでお伝えしました。

キーワードの近接度とは、ページ内にある文章に、目標キーワードが近くに書かれている割合を指します。

近接には2パターンあります。

  • 水平近接
  • 垂直近接
筆者

ポイントは「過剰に目標キーワードを詰めすぎないこと」です。

正しい「水平、垂直」配置のポイントは、過剰に目標キーワードを詰めすぎないこと。水平、垂直であっても「自然な配置」であれば、Googleから逆に評価されます。

SEO検定1級を10日間で取得する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる