SEO検定1級:Google検索で上位表示する文字数【過去問】

Google検索で上位表示する文字数
  • URLをコピーしました!

SEO検定1級、一発で合格したいですよね。

この記事は、わたしの実体験から、SEO検定1級で間違いやすい問題をお伝えします。

今回は「パンダアップデートに耐えるコンテンツの文字数」について解説します。

この記事を読めば「あと1点で合格だった…」を防ぎます。

登場人物
この記事を書いている人

2022年12月2日の情報です。

本記事の内容は、100%出題される保証はございません

この記事でわかること(目次)

パンダアップデートとは?【SEO検定1級】

パンダアップデートとは

パンダアップデートとは「コンテンツの品質評価を厳しくしたアップデート」です。

キャベツ太郎

日本では、2012年7月に実施されました。

パンダアップデートが実施される前は、記事の内容が薄っぺらくても、文字数が多ければ、上位表示できていました。

その代償は「コピーだらけの記事」「ウソだらけの記事」の量産です…

キャベツ太郎

ユーザーにとって役に立たないサイトが、Google検索で上位表示されていたのです。

そんな背景から、「ユーザーの課題を解決するページ」が上位表示されるよう、ルールを見直しました。

それが、パンダアップデートです。

パンダアップデートで見直した点は、以下3つ。

  • 他のサイトコピーしているページの評価を下る
  • コピーサイトを擁護する内容のページ評価を下げる
  • 同じドメインコンテンツをコピーしているサイトの評価を下げる

パンダアップデートのあと、「検索結果の上位記事の質」があがりました。

結果、品質の高いページだけが、Google検索の上位に表示されるようになりました。

SEOで上位表示する文字数【テストのポイント】

テストのポイント
テストのポイント

SEO検定1級のテストでは「検索結果で上位表示するため文字数」が出題されます。

覚えてほしいことは2つあります。

  1. 専門知識がいらないジャンルの文字数
  2. 専門知識が必要なジャンルの文字数

順番に解説します。

専門知識がいらないジャンルの文字数

まず、専門知識がいらないジャンルの文字数です。

専門知識がいらないジャンルとは、例えば、日記、趣味、衣食住ジャンルです。このジャンルは、500文字から3600文字で記事を書くことをおすすめします。

  • 上位表示を目指さないページ:500文字以上
  • 上位を表示目指すページ:800文字以上
  • 競合が多い、かつ上位:3600文字以上

私の運営する「ダビングぶろぐ」は4,766文字で、SEO1位を獲得しております。

キャベツ太郎

がっつり書かないと、SEOで上位表示できないんですね

専門知識が必要なジャンルの文字数

専門知識が必要な業界は、専門知識がいらないジャンルの「2倍の文字数が必要」です。

専門知識が必要なジャンル
  • 法律業界
  • 医療・健康・美容業界
  • その他技術系の業界
  • 上位表示を目指さないページ:1,000文字以上
  • 上位を表示目指すページ:1,600文字以上
  • 競合が多い、かつ上位を目指したい:7,600文字以上

専門知識が必要なジャンルは、専門知識が必要なので、文字数が増える傾向がある、ということです。

キャベツ太郎

業種ごと、何文字書けばSEOで上位表示しやすいのか、理解することが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)