SEO検定1級: モバイルユーザーを集客する3つの方法【過去問・問題集】

モバイルの集客方法

こんなお悩みを解決します

  • 試験で間違えた問題教えて
  • 1点でも多く点数がとりたい
  • モバイルユーザーの集客方法

SEO検定1級。名前だけ聞くと、難しそうな資格ですよね。

なので、「4級から始めたほうがよいかしら?」と、考える人も多いです。

個人的には、就職・転職を考えている方は、1級をチェレンジしても良いと思います。

SEO初心者の私でも、一発で1級を取得できたからです。

そこで、この記事では、私の実体験から、間違いやすいと感じた問題を解説します。

今回は「モバイルユーザーの接触方法」について解説します。

この記事を読めば、試験で「1点」多く取れます。面接も合格できる可能性が高まります。

この記事を書いている人
登場人物
この記事でわかること(目次)

スマートフォンがPCを上回る【モバイルユーザーの接触方法】

2016年までは、スマホより、パソコンの利用者が多かったのですが、2017年から、スマホの利用者逆転しました。

総務省が25日発表した2017年の通信利用動向調査によると、個人がインターネットを利用する機器はスマートフォンが54.2%と、初めてパソコン(48.7%)を上回った。

引用:日本経済新聞
ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率
ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率

スマートフォン所有者は、2021年で92.8%まで増加しております。

2022年以降も、パソコンを上回るシェアを維持すると想定できるため、マーケティングは、モバイルマーケティングが主流となっています。

スマホから集客を増やす3つの方法【レコメンド】

スマートフォンユーザーとの接触方法

SEO検定1級の試験では「モバイルユーザーに接触するための手段」が問われるケースがあります。

接触方法は3つあるので、抑えましょう。

  1. ソーシャル(SNS)
  2. サーチ(Google検索)
  3. レコメンド(通知)

ソーシャルとサーチは、身近で体験しているので、イメージしやすいですね。

わたしも、遊びや勉強の情報が欲しいときは、TwitterやGoogle検索から取得します。

SEO検定1級の試験で問われるのは、「レコメンド」です。

レコメンド

レコメンドとは、「オススメ」という意味ですが、イメージつきませんよね。

例えば、アイフォンにゲームアプリや買い物アプリを入れると、定期的に通知がきますね。

この接触方法がレコメンドです。

筆者

この通知は、あなたの行動履歴と位置情報に基づき、レコメンドされます。

もし、あなたが、過去アプリで釣り竿を購入していたり、ブラックバスを釣りに琵琶湖に訪れていた場合、「この人は釣りが趣味の人だ」とスマホが推測します。

そして、釣りに関するニュースを、自動で届けます。

「レコメンド」という単語が、普段聞き慣れないので、わたしは「?レコメンドってなんだっけ?」と固まってしまいました。

「レコメンド=スマホ通知」と記憶しておくと、焦らずに回答できるでしょう。

まとめ【 モバイルユーザーを集客する3つの方法】

まとめです。

今回は、 モバイルユーザーを集客する3つ方法、というテーマでお伝えしました。

集客方法は3つあるので、抑えましょう。

  1. ソーシャル(SNS)
  2. サーチ(Google検索)
  3. レコメンド(通知)

「レコメンド=スマホ通知」と記憶しておくと、1点獲得できるでしょう。

SEO検定1級を10日間で取得する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる