SEO検定1級: モバイルユーザーを集客する3つの方法【過去問】

モバイルユーザーを集客
  • URLをコピーしました!

SEO検定1級、一発で合格したいですよね。

試験に落ちたら、8,800円が無駄金になるので、当然です。

そこでこの記事は、わたしの実体験から、SEO検定1級で間違いやすい問題をお伝えします。

今回は「モバイルユーザーの接触方法」について解説します。

この記事を読めば「あと1点で合格だった…」を防ぎます。

登場人物
この記事を書いている人

2022年12月2日の情報です。

この記事でわかること(目次)

スマホから集客を増やす3つの方法【レコメンド】

ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率
ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率

2022年以降もモバイルファースト、モバイルマーケティングは加速します。

2017年から、スマホ利用者がパソコンを逆転しました。

総務省が25日発表した2017年の通信利用動向調査によると、個人がインターネットを利用する機器はスマートフォンが54.2%と、初めてパソコン(48.7%)を上回った。

引用:日本経済新聞
スマートフォンユーザーとの接触方法
モバイルユーザーに接触するための手段

モバイルの重要性が高まる中、モバイルの集客方法が重要になっております。

SEO検定1級の試験では「モバイルユーザーに接触するための手段」が問われるケースがあります。

手段は3つあります。

  1. ソーシャル(SNS)
  2. サーチ(Google検索)
  3. レコメンド(通知)

SNSとGoogle検索は、ご自身で経験があるとおもいます。体験しているので、イメージしやすいですね。

キャベツ太郎

わたしも、遊びにいくとき、TwitterやGoogle検索から情報を収集します。

SEO検定1級の試験で問われるのは「レコメンド」です。

レコメンド

レコメンドとは、「オススメ」という意味です。が、イメージつきませんよね。

例えば、アイフォンに買い物アプリを入れると、定期的に通知がきますね。

この接触方法がレコメンドです。

キャベツ太郎

この通知は、あなたの行動履歴と位置情報に基づき、AIが行っております。

もし、あなたが、スマホから釣り竿を購入していた場合「この人は釣りが趣味の人だ」とスマホが予測します。

そして、釣りに関するニュースを、自動で届けます。

「レコメンド」という単語は、普段使わないのですよね。

キャベツ太郎

わたしは「あれ?レコメンドってなんだっけ?」と固まってしまいました…

「レコメンド=スマホ通知」と記憶しておくと、焦らずに回答できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)