SEOの書籍がタダで読めるAudible30日間お試しはこちら

【SEO検定一級・過去問】モバイルユーザーを集客する3つの方法

プロモーションが含まれる場合があります
モバイルユーザーを集客
  • URLをコピーしました!

SEO検定1級、できれば一発合格したいですよね。試験に落ちてしまうと、8,800円が無駄になってしまいます…

そんな人のために、実体験から、SEO検定1級で間違えやすいと感じた問題をご紹介します。

今回は「モバイルユーザーの接触方法」について解説します。

この記事を読むことで、「あと1点で合格だった…」という、悔しい体験をしなくてすみます。

2024年6月1日の情報です。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
体験者:やたろう
  • SEO検定1級に一発合格
  • 2020年3月からAudible
  • 東証スタンダードの社員
SEO検定1級
SEO検定1級
2023年テキストにて勉強しております。
2023年テキストにて勉強しております。
Amazomオーディブル
Audible:2022年3月から利用中
登場人物
登場人物

10日で取得!来月からスペシャリストに

更新不要の資格なので、一度取得すれば一生モノです。

よくある質問(クリック)
SEO検定1級の勉強時間は?

10日間で取得できました。通勤や、お昼休みにテキスト、過去問を網羅すれば、誰でも取得できます。

資格の取得にかかる費用は?

2万円ほどです。テキスト、過去問、試験料金が発生します。

仕事に役立つの?

Web業界なら、役立ちます。なぜなら、Web業界の人で「SEO」という単語を知らない人がいないからです。

SEO検定取得で、苦労したこと

会社命令だったので、10日間で取得しました。暗記が多く辛かったです。余裕をもって「1か月」で取得すべきです。

SEO検定取得して、良かったこと

Webや初対面の人に、権威性を出せること。何もしなくても信頼してもらえる。

試験会場、どんな感じ?

雑居ビルで試験がありました(新橋会場)。試験官が、おじいちゃんばかりだったので、リラックスした雰囲気でした。

サポートある?

はい、メール、電話でも、丁寧に対応してくれます。

記事でわかること(もくじ)

【まずは前提】モバイルファーストとは?

モバイルファーストとは、モバイル端末(スマートフォンやタブレット)を優先的に評価する考え方です。

実際、2024年も、SEO評価はモバイルが優先されてます。

ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率
ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率

モバイルファーストが生まれた理由は、スマホ利用者がパソコンよりも多くなったからです。

需要の高いデバイス評価を優先するのは当然です。

総務省が25日発表した2017年の通信利用動向調査によると、個人がインターネットを利用する機器はスマートフォンが54.2%と、初めてパソコン(48.7%)を上回った。

引用:日本経済新聞

スマホから集客を増やす3つの方法【SEO検定一級の過去問】

スマートフォンユーザーとの接触方法
モバイルユーザーに接触するための手段

SEO検定1級の試験では「モバイルユーザーに接触するための3つの手段」が問われます。

  1. ソーシャル(SNS)
  2. サーチ(Google検索)
  3. レコメンド(通知)

SNSとGoogle検索は、普段から使う人も多く、イメージしやすいですよね。

やたろう

例えば、旅行に行くときは、XやGoogle検索から情報を収集します。

SEO検定一級の試験で注意する点は③の「レコメンド」による集客です。

レコメンドとは、スマホに届く通知のことです。

レコメンド

例えば、アイフォンに買い物アプリを入れると、定期的に通知が届きますよね。この接触方法がレコメンドです(上記画像参照)。

レコメンドは、スマホ時代になってから、Webサイトへの誘導力が高い集客法です。

やたろう

この通知は、行動履歴、位置情報に基づき、AIが自動で配信しております。

例えば、過去、釣り竿を購入していた場合「この人は釣りが趣味の人だ」とスマホが予測します。

そして、釣りに関するニュースを、自動で届けます。

「レコメンド=スマホ通知」とイメージしておくことで、1点多く得点取れるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事でわかること(もくじ)