SEO検定1級:WebマーケティングにおけるCGCとは【過去問・問題集】

WebマーケティングにおけるCGC
この記事を書いている人
登場人物
  • 試験で失敗した問題教えて
  • 試験を控えてるけど自信がない
  • CGCについて知りたい

SEO検定1級の過去問に、CGCという見慣れない言葉が出てきました。

調べてみても、情報が見当たらない、、、

もう暗記で済まそうとしていた時、CGCの記事が見つかりました、、、

そこでこの記事では「CGC」について、概要を解説します。

この記事を読めば、知識が深まり、SEO検定1級を一発合格できる可能性が高くなるでしょう。

この記事でわかること(目次)

CGCとは【間違えやすい問題】

WebマーケティングにおけるCGCとは、Consumer Generated Content(こんしゅーまー じぇねれいてぃっど こんてんと)の略です。

Consumer(消費者)Consumer Generated(作る)Content(コンテンツ)です。

消費者が作るサイト、例えば、2チャンネルですね。

2チャンネルは、ユーザーの書き込みが無いと、サイトとして成立しません。

Yahoo知恵袋

知恵袋やウィキペディアもGCGになります。

最近ではSNSをCGCとして表現することもあります。

CGCが重要とされる理由【SEO検定1級】

Web業界では、CGCが重要視されています。

なぜなら、企業色を消ことができ、マーケティングが加速するから。

企業は都合の良いことばかりを宣伝します。

しかし、CGCは、ユーザー自身による投稿なので、他の人から見たら信頼性が高くなります。

インスタで宣伝

例えば、あなたがアパレル店長で、インスタを使って服を宣伝するときを想像してください。

最近では、一般人が撮影した画像をインスタで投稿すると、そこから購入するユーザーが多いです。

その理由は、画像を見た人がリアリティを感じるからです。

企業が雇うモデルさんが着たら、そりゃ何でも似合いますよね。

だから、あえて一般人の画像を利用することで、自分が着用したシーンを想像できるので、購入されやすい、ということです。

ここはSEO検定1級の範囲外なので、さらっとしか触れません。

頭の隅っこに置いておいてください。

試験のポイント【過去問・問題集】

CGCは、2018年の過去問で出題されていました。

ポイントは、単語を理解することです。

Consumer(消費者)Generated(作る)Content(コンテンツ) =2チャンネル

消費者で作る2チャンネル、と覚えましょう。

類義語でCreatre(Creatre)、Customer(お客様)、Compliance(コンプライアンス)が出題されます。

だから、CGCの単語の意味は、必ず抑えておきましょう。

まとめ【SEO検定1級:WebマーケティングにおけるCGCとは】

まとめです。

WebマーケティングにおけるCGCとは、Consumer Generated Content(こんしゅーまー じぇねれいてぃっど こんてんと)の略です。

Consumer(消費者)Consumer Generated(作る)Content(コンテンツ)

つまり、私達消費者が作っていくサイトを意味する用語です。

混乱しやすいので注意しましょう。

SEO検定1級を10日間で取得する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる