SEO検定1級:Webデザイナーにおすすめ資格【提案力】

Webデザイナーおすすめ資格
  • URLをコピーしました!

デザイナーへ転職を考えてます。就職が有利になる資格を教えてください。

デザイナーに人気の資格は、Webデザイナー検定、ウェブデザイン技能検定です。

しかし、難易度が高い資格ので、資格取得を諦める人も多いです。

そこでオススメなのが、SEO検定1級です。

キャベツ太郎

10日間の勉強で、1級を取得できました。

そこで、この記事では、Webデザイナーを目指す方に、SEO検定1級をすすめる理由をお伝えします。

この記事を読むことで、デザイナーとして、さらに成長できます。

結果、ホワイト企業への転職が可能になるでしょう。

登場人物
この記事を書いている人

2022年12月2日の情報です。

この記事でわかること(目次)

SEOはWebデザインと掛け算できる 【デザイナーおすすめ資格】

SEO検定1級がおすすめ
SEO検定1級がおすすめ

結論、Webデザイナーへ転職したい人におすすめの資格は、SEO検定1級です。

なぜなら、掛け算ができるからです。

キャベツ太郎

実は、SEO検定はデザイン制作に、とっても役立ちます。

Webデザイン次第で、SEO順位は変わってきます。

デザインでSEOが必要な要素
  • クリック率を高めるバナー
  • SEOに強いサイト設計
  • SEOライティング

それに、戦略的にも有利です。

なぜなら、デザイナーはWebデザイナー検定、ウェブデザイン技能検定を目指す人が多いからです。

SEO検定を持っているデザイナーは少ないです。希少性がある人材と判断されて、希望の会社に転職しやすくなります。

SEO対策はデザインありき【提案力が身につく】

WebデザインはSEOと相性が良い
WebデザインはSEOと相性が良い

Webデザインは、SEOと相性が良いです。

なぜなら、SEOの目的は「ユーザーに役立つ情報提供」だからです。

文章のみで「検索順位1位」を獲得できません。人間は、文章を読むことにストレスを感じるからです。

文章に、バナーや吹き出しをいれることで、ストレスが軽減され、サイト滞在時間が伸びます

キャベツ太郎

なので、デザイン技術よりも「SEOを取り入れたコンテンツ制作スキル」が重要となります。

デザイナーは、フロント(営業)から制作依頼されることが圧倒的に多いです。

「こんなデザインにしたいから、作ってくれ」と。しかし、逆にSEOを使ったデザインを「提案」できると、圧倒的信頼が得られます。

キャベツ太郎

提案してくれる人は、脳みそをつかわないので、ラクでありがたいです。一緒に仕事したいです。

結果、会社にとって重宝される人材になります。

Webデザイナーに役立つ3つの知識【得られるスキル】

Webデザイナーに役立つ知識

SEO検定で、Webデザイナーに役立つと感じた知識を、3つだけご紹介します。

  1. モバイルSEO
  2. ASOとアプリマーケティング
  3. ローカルSEO

順番に解説します。

モバイルSEO

1つめは、モバイルSEOです。

モバイルSEOとは、「モバイルの検索エンジン」を最適化することです。

2018年以降、Google検索は、モバイルファーストに切り替わりました。これにより、評価の基準がモバイルに移行しています。

つまり、モバイルSEOを無視して制作すると、上位表示ができません。

キャベツ太郎

SEO検定1級は「モバイルユーザーが好むサイトの作り方」が学べます。

例えば、

  • モバイルに適したテキスト量
  • ボタン配置
  • 画像文字数

記事やバナーの制作依頼があったとき、モバイルに強い構成案を提案できます。

ASOとアプリマーケティング

2つめは、ASO(アプリストア最適化)とアプリマーケティングです。

アプリ需要の増加
参照:PR TIMES

画像の通り、アプリ市場は、年々増加しております。流れは続くと考えており、需要の高まりが推測できます。

しかし、デザイナーで「アプリSEO対策」を知っている人、意外と少ないです。

知っている人が少ないということは、同僚と差をつけるチャンスです。

キャベツ太郎

SEO検定1級では、アプリ集客方法を学ぶことができます。

例えば、アプリショップ内の「SEO順位を上げる知識」が身につきます。

  • どんなキーワードを入れたらアプリストアで上位表示させれるか
  • どういう構成でアプリを制作すれば人気を増やせるのか

具体的な集客手法が学べます。

これから増加していくアプリ市場で、SEOを考えたアイデア出しができると、強力な武器となります。

ローカルSEO

3つめは、ローカルSEOです。

ローカルSEOとは、地元のお客さんを集客するためのSEO技術です。

ローカルSEOには、自然検索での検索順位と、地図部分で上位表示するための「MEO」があります。

キャベツ太郎

MEOとは、Map Engine Optimization(マップ検索エンジン最適化)の略です。

例えば、デートで美味しいカフェを探す時、Google検索しますよね。

検索したら、「オススメのカフェ」や「店舗のレビュー」が自動で表示された経験ありませんか?

キャベツ太郎

これは、2014年2月に実施されたヴェニスアップデート(ユーザーの位置を検索順位に反映させる)が影響しております。

ヴェニスアップデート以降、ユーザーが検索しているとき、現在地に近い店舗が、優先的に表示されるようになりました。

例えば、Aさんが「大阪 ケーキ屋」というキーワードで検索した場合、大阪では検索キーワード1位表示なのに、東京では圏外、といった現象が発生するようになりました。

キャベツ太郎

MEOと従来のSEOで1位を獲得することを、ローカルSEO最適化と呼びます。これで地元客の集客が確かなものになります。

SEO検定1級では、ローカルSEOで上位表示させるサイト構成が学べます。

また、地域性が高いキーワード、低いキーワードも学べるので、刺さる提案ができます。

結果、クライアントからの信頼が高まり、製作依頼が絶えないでしょう。

まとめ【SEO検定1級:Webデザイナーにおすすめ資格】

まとめ
まとめ

まとめです。

SEO検定1級は、デザイナーを目指す人にオススメです。

キャベツ太郎

なぜなら、SEOとデザインは、掛け算できるからです。同僚と差をつける提案力が身につきます。

SEO検定は、ブルーオーシャン資格です(穴場)。

所有しているひとがいないので、面接でアピールできます。

キャベツ太郎

もちろん、業務でも役立ちます。そんな資格が10日で取得できます。

入社して同僚と差をつけたい人に、SEO検定1級はおすすめです。

\公式サイトは送料無料/

SEO検定は更新不要の資格です

SEO検定を取得する5つのメリット
  1. 同僚と差別化
  2. ブログで権威性を出せる
  3. 仕事の幅が広がる
  4. 自信がつく
  5. お客さんに頼りにされる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)